10月公演追加情報その7

次回公演「Requiem」に関しまして
“どんなお話なの?”
という質問を多くいただいたので改めまして

あらすじ

今から遠い未来。
戦争とさえもはや呼べない災厄により、人の生きることができる場所は世界にわずかしかなかった。
その中でも様々な幸運が重なり、災厄以前の、旧世界と変わらぬ水準まで回復した管理都市マルクト。
そのマルクトに、ある夜警報が響き渡った。
怒声と喧騒に包まれる都市。
その理由は軍からの脱走者。
全てが管理された都市においてルールを破ることは許されない。しかし、脱走兵は圧倒的な力を見せ都市を覆う嵐に消えていった。
彼等が向かう先にあるのは、ケテル。
オルニス教団が治める都市。
決して裕福ではないが、教主マイアの教えを信じ、都市を覆う嵐にも負けず手を取り合い懸命に生きる人々が暮らす都市。
その外縁部、嵐に最も近い場所で働くアイビス。
彼女の瞳は外の世界に焦がれていた。
管理都市を逃れた脱走兵がケテルに辿り着いた時、静かに、しかし力強くアイビスを導く運命の鐘がなるのだった。
願いの為に逃げた兵士と、願いの為に抗う信徒。
運命の鐘は世界に何をもたらすのか